2013年07月31日

無意識って怖いね、という話

6月から7月にかけてすごくいいことが自分の身に起きて、自分自身が少し好きになれたとか、自分のやっていることを堂々と人に話せるようになったとか、純粋に人のことを思って話を聞くことができるようになってきました。

ところが、昨日は人の話を全く聞けてなかった。
話している人の音も、内容も素通りしていくし、話している相手ではなく、周りのことが気になって集中できない。

ついこの間までの有能感、できている感覚はどこに行ったのか?
悩みも(重大なものは)ない、ショックな出来事も嫌なことも起きていない。
まったく自分には心当たりがないのにどういうことだろう?

友人たちの手助けを借りて考えていると、あるイベントに参加する3つの条件のうち、一つを満たしていないけれども参加する許可をもらったことが自分の中で引っかかっていたということが分かりました。

でもね、自分としては、「条件を満たしてないけどOKもらった。やるぜ!」というつもりだったんですよ。
全く覚えてないんだけど「参加していいって言われたんだ」の後に「でも本当にいいのかな」と言ったらしい。2回も。

「特別に許可をもらってうれくてやる気のある自分」の奥には、「条件を満たしてないのに参加するずるい奴を許せない自分」がいて、そのせいで聞けない集中できない状態になっていた。

この原因が分かったとたんあら不思議!
自分の中の正体不明だった重しが取れた状態になって、声が違う、表情が違う、集中力が違う!
あっという間に人の話が聞ける状態に戻りました。

自分の中のルールというか、コーチング的に言うとビリーフが無意識に自分にブレーキをかけていて困った状態になるけど、その正体が分かるとすごく楽になるんですね。

またひとつ勉強になりました。


コーチングのクライアント募集中です。
自分を変えたい人、変わりたい人。

何か心にモヤモヤがあり、それを晴らしたい人。

あと一歩の勇気を出すために後押しが必要な人。

お手伝いします。ぜひご連絡ください。
posted by 岩永 智徳 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

わもん二段チャレンジ

先日はわもんの黒帯心徒塾に参加し、二段取得に挑戦しました。

結果は…取れませんでした。
初段チャレンジの時と違って自信があったし安定していたのにダメでした。
負け惜しみを言うと、あと1回挑戦する時間があれば取れた。

ではなぜあと1回の前に取れなかったのか。
一言で言うと、「油断していた」。
取れるという自信だけはあったけど、準備は十分ではなかった。
「一発で取る!」という気迫が足りなかった。

あとはやぶちゃんが「黒帯認定の最終責任者、品質保証」というように、
自分も黒帯として白帯チャレンジの人をサポートするという意識がなかった。
黒帯は取った瞬間から黒帯で、他のチャレンジャーに対してサポートをするのに自分は前回最後までサポートしてもらったのでその意識が足りなかった。

甘かったですね。
今のうちに気づけて良かったです。
次で二段になり、年内はさらに高いところに到達できるように精進します。

コーチングのクライアント募集中です。
自分を変えたい人、変わりたい人。

何か心にモヤモヤがあり、それを晴らしたい人。

あと一歩の勇気を出すために後押しが必要な人。

お手伝いします。ぜひご連絡ください。
posted by 岩永 智徳 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

「愛」とは?

3月も終わりに近いですが、ホワイトデーもあったので再び「愛」の話をします。

「至る所愛だらけだ。愛の死もある。そして死と愛の物語からなる時間も。死と時はわかる。認める。」
「だがのう、愛とはそも何だ?」

ということで、 第8回人間塾 プチ哲学セミナー「愛すること」 に行ってきました。

愛とは見返りを求めるものなのか、見返りなしに与えるものか、争わず優しくするものなのか。

「愛」という言葉でイメージするもの、経験してきたものはいろいろあるわけですが、そういう自分のイメージやバックグラウンドを話し、人の話を聞き、考え、参加者それぞれのの違いを楽しみ、初めて会った人の体験談に涙しそうになり、という経験をしてきました。

あなたにとって「愛」とはなんですか?



コーチングのクライアント募集中です。
自分を変えたい人、変わりたい人。

何か心にモヤモヤがあり、それを晴らしたい人。

あと一歩の勇気を出すために後押しが必要な人。

お手伝いします。ぜひご連絡ください。
posted by 岩永 智徳 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

虎プロ2013 第二回目

「虎プロ2013」2回目に行ってきました。テーマは「クライアントを引き寄せるプロコーチのセールス」。

営業経験のない自分にとって、「営業」とは売り込み、(私には不要なものを)売りつけること、というマイナスイメージがあります

営業にマイナスイメージを持っているのに、自分が(コーチングや
わもんを)自信を持って売り込みできるわけがない。

実は「営業」とは、顧客(候補)が失っている利益を取り戻せるように提案することなんだ。

顧客の現状があり、理想の状態があり、その間にギャップ(利益の
喪失)がある。

そのギャップは自分の提供するサービスで埋められますよと提案す
る。

このプロセスは実はコーチングと同じだよ、というのが発見でした


「営業」についてのイメージがだいぶ変わったかも。



コーチングのクライアント募集中です。
自分を変えたい人、変わりたい人。

何か心にモヤモヤがあり、それを晴らしたい人。

あと一歩の勇気を出すために後押しが必要な人。

お手伝いします。ぜひご連絡ください。
posted by 岩永 智徳 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

わもん 黒帯獲得

去年の秋から「わもん」の修行を始めました。

簡単に言うと、「傾聴」、コーチングでいうところの「アクティブリスニング」のやり方の一つのようなものです。


2月の頭にある程度聞く力が付いているという目安になる「黒帯」の認定をいただいたのですが、なかなか大変でした。

当日の挑戦者は7名。

一人、また一人と認定を取っていきます。

とうとう最後の二人になりました。そのうちの一人が私。

間もなくタイムリミットとなるときに、私と一緒に残っていた方が認定を取りました。

そしてそのまま時間切れ。

私は取れなかった…。

うなだれながら会場の片づけをし、部屋を出ていったあとで、認定再チャレンジの機会をいただいたのです!

そして最後の頑張りで黒帯の認定をいただくことができました。


正直、取れた時と取れなかった時で何が違うのか、いまいち実感はなかったのですが、

きっかけとしては「聞く」というのは自分が「聞けている!」と実感するためのものではなく、話し手が「聞いてもらった」と実感するかどうかがポイント。

それに気づいて、相手の心の動きがどうなっているのかを意識するようにしたら、本当に聞き方が変わりました。

今の私はテクニックに走らず、本当に心の声を聞けるようになりました。ちょっとすごいですよ!


コーチングのクライアント募集中です。
自分を変えたい人、変わりたい人。

何か心にモヤモヤがあり、それを晴らしたい人。

あと一歩の勇気を出すために後押しが必要な人。

お手伝いします。ぜひご連絡ください。
posted by 岩永 智徳 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。